東京都心で積雪1cm 山沿いでは路面凍結に注意

©株式会社サニースポット

東京では3月22日(日)にソメイヨシノの満開の発表があり、桜が見頃を迎えていますが、そんな中、今日29日(日)は本州南岸を低気圧が進んだ影響で、関東の平野部でも雪が降りました。

昨夜から関東甲信越の山沿いを中心に雪が降り始め、今日の午前中にかけて雪のエリアが南下。関東南部の平地でも昼前から雪が降り、東京都心では正午現在で1cmの積雪を観測。また、最深積雪が長野県菅平で30cm、群馬県草津や栃木県奥日光で23cmに達するなど、大雪となった所もありました。

■今日29日(日)の最深積雪(午後3時現在まで)
東京都 東京 1cm(13:00)
神奈川県 横浜 1cm(13:00)
埼玉県 秩父 6cm(12:00)
群馬県 草津 23cm(12:00)
栃木県 奥日光 23cm(13:00)
長野県 菅平 30cm(13:00)
山梨県 河口湖 16cm(12:00)

今夜には、前線を伴った低気圧は関東の東へ離れる見込みです。関東甲信越や東北南部の雪は夕方には止み、天気は回復傾向となるでしょう。ただ、夜から明日の朝は内陸を中心に冷え込みが強まるため、山沿いなどの道路では積雪が残り、また、路面凍結の恐れもあります。外出時は路面状況に注意をして下さい。

明日30日(月)は、本州付近は日本海に中心を持つ高気圧に覆われます。北日本は各地でスッキリ晴れる予想です。一方、東~西日本は湿った東寄りの風が吹き込む影響で、太平洋側を中心に雲が広がりやすく、雨の降る所がありそうです。