成田凌&森七菜が初共演!BUMP OF CHICKENが主題歌のWEB動画が公開

©株式会社フジテレビジョン

旅行情報誌「じゃらん」が、1990年の創刊から今年30周年を迎えたことを記念し、特別記念フィルム「ここではないどこかで」を制作、公開した。

監督・脚本は、映画「君の名は。」のプロデュースなどで知られる川村元気。旅をテーマに、旅・地域の魅力を、「旅に行く人」と「旅を受け入れる人」を通して表現。

旅先での経験で気付かされる“ここ”の尊さを、複数の旅先と登場人物で描く感動とサプライズに満ちたストーリーとなっている。

成田凌
森七菜

東京在住の大学生・光役を成田凌、東京へ旅をする女子高生・雪役を森七菜、一人旅をする女性・真知子役を板谷由夏、宿泊施設で働く男性・道夫役を犬山ヴィーノが演じている。

主題歌はBUMP OF CHICKEN「流れ星の正体」。

「ここではないどこかで」フルver.

<川村元気 コメント>

じゃらんさんから「旅をテーマにした30周年記念ショートフィルムを」とお話をいただいた時に、はじめにしたのは2019年の年末年始旅行先ランキングを調べることでした。

旅先の1位は意外にも私が住む東京。「ここも、誰かにとっては旅先である」ということは新鮮な驚きでした。

その驚きそのものを物語にしたいと思い、東京と雪国の2ヵ所を舞台に、旅をする人と現地の人との不思議な交流を描きました。

「ここではないどこかへ旅に出るということは、ここの美しさを見つけるということでもあるのだ」

私は旅をするたびに、自分の住む街や、そばにいる人達の素晴らしさを発見してきました。旅の持つ、本来の魅力を再発見していただければ幸いです。

<成田凌・森七菜インタビュー>

――国内旅行での思い出はありますか?

成田:先日、福井に温泉に入りに行ったんですけど、恐竜博物館も見たかったし、欲張ったら移動で疲れてしまいました(笑)。でも、すごく楽しかったですし、心が豊かになりました。

普段行かない地域に足を伸ばしてみるのも良いなと思いました。次は、都内からもアクセスの良い箱根に行きたいです。最近、箱根の旅館を調べています。もちろん「じゃらん」で(笑)。

森:私は、毎年家族で旅行に行くんですけど、冬の北海道と夏の北海道に両方行っていて、両方思い出に残っています。夏は過ごしやすいですよ、北海道。

成田:そういえば、僕も家族で北海道に行ったことがありますね。

――旅行先として特に好きな地域はありますか?

森:(出身地であり、今も住んでいる)大分です。大分は良い旅行先だと思います!大好きです。

成田:大分には温泉もあるよね。行ったことないので、行ってみたい。

森:大分の温泉は良いですよ!

成田:温泉には一度しか行ったことがないので、行きたくてずっと調べています。「じゃらん」で!2連休、いや3連休があったら温泉に行きたいと思っています。大分ですかね。

森:はい!温泉もすごく良いですし、海の近くに“塩湯”というものがありまして、それもすっごく気持ち良いです。

――もし3日間休みがもらえたら、どこに行きたいですか?

成田:東京にいると落ち着かないし、家にいると仕事のことを考えてしまうので、「何にもしない」をしに行きたいですね。箱根かな?箱根で2泊。何にもしない。ゆっくりとお風呂に入ります。

森:大分ではない場所だとすると沖縄です!3日間、現地の方達のような生活をしてみたいです。

成田:分かる!良いですね。

森:サンダルと半パンで国際通り歩いちゃうみたいな。

成田:国際通りは行くんだ!

2人:あははは(笑)。