めざましのスヌーズをめぐり、有村架純と浜辺美波がバトル!?好評WEB動画第2弾

©株式会社フジテレビジョン

JA共済連が作成し、有村架純と浜辺美波が出演する、特定重度疾病共済「身近なリスクにそなエール」の第2弾WEB動画「スヌーズ」篇が、3 月 30 日(月)に公開された。

身近な生活習慣病のリスクに備えられる新しい共済、特定重度疾病共済「身近なリスクにそなエール」の発売開始に先立ち、生活障害共済「働くわたしのささエール」のテレビCM でも姉妹を演じた有村と浜辺が出演するWEB動画シリーズ「カスミナミ」だ。

先日公開された 第1弾WEB動画「第二ボタン」篇は、公開から2週間で300万回再生を突破するなど話題となり、今回第2弾が公開が決定した。

「カスミナミ」は、自宅の居間でくつろぐ有村と浜辺の2人によって繰り広げられる会話を中心に描かれたショートムービーだ。

「あのさ、朝、すっごい目覚ましかけてない?」と有村扮する姉が問いかけると、妹演じる浜辺は「うん、スヌーズ機能でかけてるの。たくさん」と返答。「最初のは噛ませ犬。二度寝を楽しむための」と一発目のアラームで起きられない驚愕の言い訳を明かす浜辺に、「それすごい迷惑。一発目で起きちゃうし」と有村は眉をひそめる。

浜辺が「それスヌーーズ機能に文句言ってよ」と切り返すと、「その言い方腹立つなあ」と不服そうな有村。さらに、「スヌーーズ!」と繰り返す浜辺に、有村も負けじと「スヌーーズ!」と返答。様々なバリエーションの「スヌーーズ」の応酬がシュールな掛け合いが注目ポイントだ。

< 第2弾WEB動画「スヌーズ」篇 >

JA共済では初めてのWEB動画撮影となる有村と浜辺。今回の撮影は、自然体な雰囲気の中、2人もリラックスした様子で臨んでいたという。

お互いに「スヌーーズ」と言い合うシーンでは、有村が「そうやってかわいく言えばいいと思って!」とからかうと、「いっぱい(スヌーズ機能を)かけるね」と返す浜辺。そんな茶目っ気たっぷりな返答に有村も思わず笑ってしまう一幕も。まるで本当の姉妹のような仲睦まじい様子だったという。

「スヌーズ」篇にかけて、普段、寝起きはいいかどうか聞いたところ、有村は「1回目(のアラームが鳴ったタイミング)で起きれるけど、スヌーズを掛けていないと心配」と回答。一方、浜辺は「最近、目覚ましが鳴る前に起きてしまいます」と本編とは正反対となる回答を。女優として多忙な日々を送る 2人の素顔が垣間見えた。