清水建設ら/3眼カメラ使う配筋検査システムを開発/人員と作業時間が3分の1以下に

©日刊建設工業新聞社

清水建設とシャープは鉄筋の配筋検査を効率化する「3眼カメラ配筋検査システム」を開発した。三角測量の原理を応用し、検査する部分を3方向から同時撮影して3D情報を取得し分析。撮影後7秒で検査結果が画面表示できる。従来の検査方法と比較して準備などにかかる手間がなくなり、検査人員と作業時間を3分の1以下にできるという。

配筋検査を漏れなく実施できる点、スケールや検査用具の配備が不要になって検査人員や検査時間をそれぞれ削減できる点が特長。離れた場所からも検査できるため足場などが不要になり、検査員の安全性も向上する。

システムは3眼カメラとシステム制御ソフトで構成する。三つのカメラを使って異なる方向から同時に撮影することで画像データの3D情報を把握。制御ソフトは画像から鉄筋を抽出し、縦・横方向の鉄筋径や配筋の平均間隔、本数、重ね継ぎ手の長さ、かぶり(コンクリート厚)を計測し、検査帳票まで作成する。

精度は鉄筋径でプラスマイナス1ミリ、配筋の平均間隔でプラスマイナス5ミリと工事管理基準内に収まり、2段配筋などの複雑な配筋検査にも対応できる。

検査では指定した検査対象範囲を撮影すると、7秒後に検査結果が自動的に画面表示される。一度の撮影で検査できる範囲は1メートル四方。複数の撮影結果を合成した広域の検査結果を取得することも可能。配筋の妥当性が一目で分かるよう、検査結果とCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)の配筋図データとを色分けして重ね合わせることもできる。

将来的にはシステムを活用することで発注者の立会検査を代替し、立会日時の調整、発注者の移動などの手間も削減していく考え。

システムは清水建設が配筋検査のニーズの整理、検査システムとCIMとの情報共有システムの開発・実証を、シャープが3眼カメラ画像からの鉄筋の抽出、鉄筋の輪郭、径の中心を認識できるアルゴリズムの開発をそれぞれ担当した。

配筋検査には検査帳票の作成や検査用具の準備、自主検査、発注者の立会検査などに多くの手間と時間がかかっている。検査業務の精度を維持しつつ、効率化することが課題となっていた。

検査結果は撮影後すぐに確認できる