二階堂ふみの素顔と「エール」の世界が凝縮! ヒロイン自ら窪田正孝を撮影!!

©株式会社東京ニュース通信社

本日3月30日から放送がスタートした連続テレビ小説「エール」。音楽とともに生きた夫婦の物語を描く本作で、主人公・古山裕一(窪田正孝)の妻・音を演じる二階堂ふみに密着したフォトブックが本日発売された。

連続テレビ小説初出演にして、ヒロインに挑む二階堂の日々を追いかけ、収録現場はもちろん、楽屋や食堂、メークルームにまで密着。撮影の合間に見せた、ここでしか見られない自然体なオフショットが満載となっている。

二階堂のスペシャル撮り下ろしグラビアでは、美しい梅の花や緑に囲まれた景色のなかで伸び伸びとくつろぐ姿や、愛犬のジジ&ゾイとドッグランではしゃぐ様子を、大ボリュームで掲載。また、本作のオーディションを受けるきっかけとなった祖母や家族への思いから、“朝ドラ”のヒロインとして撮影に向き合う現在の心境までを語ったロングインタビューにも注目だ。

さらに、写真家としても活躍する二階堂が、窪田を撮影した特別企画も。音楽をテーマにした「エール」という作品にちなんで、さまざまな楽器を演奏している窪田の姿を、二階堂ならではの視点で躍動感いっぱいに撮り下ろしている。

そのほか、劇中で3姉妹を演じる松井玲奈&森七菜とのスペシャル座談会や、二階堂自身が収録の合間に共演者や現場の裏側を撮影した貴重なオフショットも掲載。

また、今秋にはSDPから窪田正孝の「エール」関連本も発売が決定し、ますます盛り上がりを見せる連続テレビ小説「エール」。日本中に“エール”を届ける夫婦の物語をより深く堪能できる2冊として、ドラマとともに楽しめるフォトブックとなっている。

【プロフィール】


二階堂ふみ(にかいどう ふみ)
1994年9月21日沖縄生まれ。2009年、映画「ガマの油」でスクリーンデビュー。主な出演作に、映画「ヒミズ」(12年)、「私の男」(14年)、「リバーズ・エッジ」(18年)、「翔んで埼玉」「人間失格」(ともに19年)、大河ドラマ「西郷どん」(NHK)、ドラマ「この世界の片隅に」(TBS系)、「ストロベリーナイト・サーガ」(フジテレビ系)など。

【番組情報】


連続テレビ小説「エール」
3月30日スタート
NHK総合 月~土曜 午前8:00~8:15ほか
NHK BSプレミアム・NHK BS4K 月~土曜 午前7:30~7:45ほか
※土曜は1週間を振り返ります。