健康生活

©株式会社VOTE FOR

◆CKDをご存知ですか?

CKDとは、「慢性腎臓病」の略称です。慢性的に腎臓機能が低下し、たんぱく尿などの症状がある状態をいい、日本の患者数は約1,330万人と言われています。

CKDの発症には、偏った食事、喫煙や運動不足などの生活習慣が大きく影響しており、これらの積み重ねで高血圧・糖尿病等の生活習慣病や肥満になると、腎機能の低下が加速します。自覚症状がないまま進行し、だるさ、むくみなどの症状が出てくるころには重症化していることもあります。一度機能が低下すると元に戻りにくく、末期には腎臓が機能しなくなります。また、脳卒中や心筋梗塞などの発症リスクも高めます。
高血圧や高血糖等の人は、適正な治療を行って腎臓機能も守りましょう。

CKDの早期発見や予防には、定期的に健診を受けて、バランスの良い食生活、減塩、禁煙、適度な運動等の生活習慣を見直すことが重要です。