ヴォルターズ コロナ対策、役立てて リストバンド販売

©株式会社熊本日日新聞社

熊本ヴォルターズが販売するチャリティーリストバンド=熊本市東区

 新型コロナウイルス感染拡大の影響でリーグが途中打ち切りとなったバスケットボールBリーグ2部の熊本ヴォルターズは27日、ウイルス対策に役立ててもらおうと、「チャリティーリストバンド(税込み500円)」の販売を始めた。売り上げの一部を、防護服やマスクなど医療物資の提供活動に協力しているNGO「ジャパン・プラットフォーム」に寄付する。

 リストバンドはチームカラーの赤いシリコーン製で、選手たちが共同で手書きした「乗り越えよう ともに」「KUMAMOTO VOLTERS」の言葉がプリントしてある。

 ヴォルターズのマーケティングを担当する五瀬鮎美さん(25)は「熊本地震の時、多くの人に助けられた。社会に役立ち、ファンも選手を感じられるように企画しました」と説明する。

 リストバンドは、チームのオンラインショップや健軍商店街(熊本市東区)内の同社でも購入できる。(萩原亮平)