和牛交配巡り虚偽報告疑い、宮城

獣医師を書類送検

©一般社団法人共同通信社

 宮城県警は30日、県産和牛の人工交配に関する書類に虚偽記載したとして家畜改良増殖法違反の疑いで、同県石巻市の男性獣医師(65)を書類送検した。獣医師が人工交配した258頭のうち30頭について、DNAが血統登録書などに記載された父親と異なっていたことが昨年発覚していた。

 送検容疑は県知事から和牛の人工授精業務について報告を求められ、昨年10月3日に虚偽記載した書面を提出した疑い。

 県は問題発覚後、複数回にわたり獣医師に報告を要求。10月に提出された書類に明らかな虚偽があるとして、12月に刑事告発した。