ソフトバンク、活動を一時休止

新型コロナ感染拡大防止で

©一般社団法人共同通信社

チーム活動の一時休止が決まったソフトバンクの工藤監督=ペイペイドーム

 ソフトバンクは30日、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、31日からチームの活動を一時休止することを決めた。対象は1軍、2軍、3軍の全選手と監督、コーチ、スタッフ。休止中は不要不急の外出、球団施設の利用を禁止する。

 阪神の3選手に感染が確認されたほか、福岡県で29日の外出自粛要請が出るなど感染が広がっていることが主な理由。三笠杉彦ゼネラルマネジャー(GM)によると、4月3日にも予定される12球団代表者会議の内容次第で、再開日を決める。

 工藤公康監督は「選手だけでなく家族のことを考えたら、致し方がない」と受け止めた。