「なんでそんなことになる?」銀シャリ、“水ダウドッキリ”の餌食も…全てお見通し?

©吉本興業株式会社

3月25日(水)、ダウンタウン(浜田雅功、松本人志)がMCを務める『水曜日のダウンタウン』(TBS)が放送されました。

出典: 水曜日のダウンタウン

芸能人・有名人たちが自分だけが信じる“説”を独自の目線でプレゼンし、VTRやトークで検証する同番組。今回はプレゼンターにサバンナ・高橋茂雄を迎え『自分の衣装を間違えて着てしまった師匠がマネージャーに激昂していたら「それ僕のなんですけど…」とは言い出しづらい説』を放送。銀シャリ(鰻和弘、橋本直)、カミナリ(竹内まなぶ、石田たくみ)、すゑひろがりず(南條庄助、‎三島達矢)がターゲットとなりました。

鰻は師匠が激昂しても動じない!?

まずは銀シャリ。仕掛け人は、同じく青ジャケットを衣装とする青空球児・好児が務めます。イベントの営業が一緒になったという設定で、銀シャリの2人が席を外している間に、球児・好児の2人が衣装を着用しました。

マネージャーに激昂する2人を見た鰻と橋本は、すぐに自分たちの衣装を着ていることに気づき「ウソやろ?」「オレらのジャケット?」と苦笑い。奇跡的にジャストサイズのため「なんでそんなことになるかなぁ?」と笑みをこぼしました。その後、球児・好児が怒っていても意に介さず、鰻は間違って着ていることを指摘します。

番組がネタバラシをすると、橋本は「でしょうね」とポツリ。球児・好児の柔らかい雰囲気に「めちゃくちゃ言いやすかった!」と言い、鰻も「全然怖くなかった」とコメントします。じつは、鰻は物おじしない性格であり「もっと怖くても(怖い人たちでも)いけた」と振り返りました。

すゑひろがりずは仕掛け人のまさかの理論に…

すゑひろがりずの仕掛け人は、違和感がないよう和装姿がおなじみの作家・岩下尚史が担当することに。

例のごとく間違って衣装を着た岩下が、スタッフに説教。自分たちの衣装を着ていると認識した2人は、徐々に距離を詰め「お衣装が……」と指摘するも、岩下は「今はジャージしか持っていない。着物を着ていないとお客さんが自分だと分からない」とまさかの理論を展開し、まったく返してくれません。

ここで出番となった2人。三島は仕方なく、獅子舞をかぶってステージへ……。しかし会場には誰もおらず、ネタバラシが行なわれた際には「そらそうやな」とポツリ。「水の、おダウですか」と落ち込む様子を見せていました。

そのほか、今回「この放送は2月8日に収録されたものです」とのテロップが冒頭にあり、浜田が一切画面に映されないという展開が。

ネットでも指摘の声が相次いでいましたが、じつは『「この番組は〇月〇日に収録したものです」のテロップを冒頭に出して浜田をひたすらカットしてOAしたら何かあったと思う説』が検証されたとのことで、高橋は「(視聴者は)ついに(浜田が)やったかって思う」と大笑い。

一向に浜田は映されず、声も切られていたたものの、最後にようやく音声のみONに。浜田は「マジでそんなことしたらヤバイって!」と叫んでいました。