サッカー森保監督「時間できた」

五輪延期に前向きな思い

©一般社団法人共同通信社

森保一監督

 サッカー日本代表と東京五輪代表の指揮を兼任する森保一監督が30日、日本サッカー協会の公式サイトに手記を公開し、来年に延期された五輪について「よりチームをレベルアップさせられる時間ができたとポジティブに変換している」と努めて前向きな思いをつづった。

 来年はフル代表のW杯アジア最終予選が組まれる予定で、五輪強化との両立が可能か懸念されるが「(延期で)時間が与えられたということを考えると、よりパワーアップして大会に臨まなければならない」と強調。試合の中止などで難しい時期を過ごす選手に向け「常に少しでも強くなるという考えを持ってもらえれば」とメッセージを送った。