女性史月間の締め括りに、テイラー・スウィフトが自身の人生に影響を与えた曲をまとめたプレイリストを公開

©ユニバーサル ミュージック合同会社

テイラー・スウィフトが、女性史月間 (Women’s History Month)を記念して、自身の青春期にインスピレーションを受けた女性アーティストたちによる全51曲をフィーチャーしたプレイリストを公開した。90年代の作品を中心に選曲されているこのプレイリストには、アニー・レノックス、スティーヴィー・ニックス、メリッサ・エスリッジから、ビー・ウィッチド、TLC、リズ・フェアに至るまで実に多様なアーティストの楽曲が網羅されている。

テイラー・スウィフトが、女性史月間 (Women’s History Month)を記念して、自身の青春期にインスピレーションを受けた女性アーティストたちによる全51曲をフィーチャーしたプレイリストを公開した。90年代の作品を中心に選曲されているこのプレイリストには、アニー・レノックス、スティーヴィー・ニックス、メリッサ・エスリッジから、ビー・ウィッチド、TLC、リズ・フェアに至るまで実に多様なアーティストの楽曲が網羅されている。

テイラー・スウィフトは同プレイリストの公開に際し、自身のインスタグラムのストーリーでこう思いを綴った。

「この女性史月間の締め括りとして、私が学生の頃スクールバスで過ごした無数の時間、免許を取得して一人でドライブしていたあの頃、ドライヤーをマイク代わりに叫ぶように歌っていた時、そして自分も音楽を作りたいと決意したあの日、私の人生における様々な瞬間や時期にサウンドトラックとなってくれた曲や女性アーティストたちの歌でプレイリストを作りたかったんです。私にとってこのプレイリストに含まれているアーティストたちは、音楽というものが、誰かの人生をより楽しく、より魅力的に変えられる力を持っていることを私に教えてくれた遠くにいる師匠のような存在です。彼女たちの楽曲のメロディやリリックが、無意識のうちに精神的にも感情的にも私を導いてくれていました。ほとんどがお会いしたことのないアーティストばかりですが、私はこれからもずっと彼女たちに感謝し続けるでしょう」

このプレイリストには、4 Non Blondesの1992年のヒット曲「What’s Up?」、メレディス・ブルックスの1997年のTOP10シングル「B_tch」、シェリル・クロウの1996年の「If It Makes You Happy」、ジュエルの1995年の「Hands」、TLCの1999年の全米1位シングル「Unpretty」、コリーヌ・ベイリー・レイの2006年の「Like A Star」などが含まれている。

先月テイラー・スウィフトは、昨年8月にリリースした7作目のスタジオ・アルバム『Lover』からの4枚目のシングルで、自身が特殊メイクによって傲慢なビジネスマンに扮し、男性優位の社会へテイラー流のメッセージを突きつけた「The Man」ミュージック・ビデオを公開していた。全米でプラチナ・ディスクに認定されているアルバム『Lover』は全米、全英、カナダで1位を獲得し、2019年全米で最も売れたアルバムとなった他、ソロ・アーティストの作品としては全世界で最も売れたアルバムのトップに君臨している。