「アタック25」45周年企画第1弾は解答者全員45歳!谷原章介「まずは50年に…アターック!」

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ朝日系で放送中の視聴者参加型クイズ番組「パネルクイズ アタック25」(日曜午後1:25=ABCテレビ制作)が4月6日に放送開始45周年を迎えることを受け、4月5日放送回はスペシャル企画第1弾として、今年番組と同い年の45歳になる解答者を集めた45周年大会を開催する。

45周年を迎えたことについて司会の谷原章介は、「45年って、僕がまだ2歳の時に始まったんですよね。この長い間、皆さんに愛していただけたことに感謝するとともに、これも番組を築いてきた児玉清さん、浦川アナウンサーのおかげだと思っています」と歴代の司会者に敬意を表した。

また、谷原自身も今年で司会5周年。その中で印象深かったことを聞かれると、「ある時、解答者の方が千社札のシールを作ってきてくださったのが、とてもうれしかったです。それをきっかけに、今は別のデザインの千社札を作り、出演される方にお配りしています。解答者の緊張をほぐすごあいさつのきっかけとなる、僕なりの『名刺代わり』のアイテムとなっています」と明かす。

45年もの間、愛され続ける番組の魅力は「ずばり、解答者の皆さんです」とキッパリ。続けて「自信満々の方。笑顔がすてきな方。いろんな方がいらっしゃいますが、面白いもので、1問も答えられていない方に一声かけると急に正解したりするんです。本当にメンタルが大事な番組だと思います」と、視聴者参加型だからこその番組の魅力を解説した。

最後に、谷原は「皆さまのおかげで45年まで来れましたが、まだまだ通過点。より皆さまに愛していただき、50年60年と続けられるよう気を引き締めてスタッフ一丸となって頑張っていきます。まずは50年に『アターック!』」とおなじみのポーズで50周年への意気込みをアピールした。