新番組「関ジャニ∞クロニクルF」は見逃し配信も決定

©株式会社東京ニュース通信社

フジテレビ系では4月27日から「関ジャニ∞クロニクルF」(月曜午後11:00)をスタートさせる。番組では、秘密基地をコンセプトとしたスタジオで、設置されたタブレットに表示された“フォルダ(F)”の中からメンバー自身が好きなテーマを選び、トークやゲームを展開。スタジオトークだけではなく、ロケにも体当たりで挑む。

初回は横山裕と大倉忠義はスタジオを飛び出し、ある動物を食べられると話題のお店に突撃取材。食材としてはなじみのないその動物の調理にチャレンジする。また、番組の最後には関ジャニ∞の最新シングル「友よ」を弾き語りで披露する。

村上信五は「ゲストがいない状況での収録は久しくやっていなかったので新鮮でしたね。アットホームな感じもありましたし。そこからメンバーの新しい一面が垣間見える瞬間も多々ありましたから。関ジャニ∞の今の空気感が出せたんじゃないかな、と思います」と手応え十分。また、安田章大も「関ジャニ∞のファン以外の方にも気に入っていただけるような番組構成をスタッフさんが考えてくれたんだなと思っていますし、どんどん可能性が広がっていく感じがしました」と期待を寄せる。

丸山隆平は「この番組は笑顔を作る“F”actoryだと思っています。かなり“F”unnyな感じになっていると思うので、心して見てほしいです」とタイトルにかけてアピール。大倉は「今まで以上に自分たちも自発的に中に入っていって作れるような番組だと思う」とし、横山も「今までやってきた『関ジャニ∞クロニクル』の空気感も大事にしつつ新しいことにも挑戦したいです。全国放送になりますし、たくさんの人に愛されるような番組になれば」と抱負を述べている。

なお、関ジャニ∞がグループとして出演するバラエティー番組では初となる見逃し配信がスタートすることも決定。放送後、1週間はFODや民放公式テレビポータル・TVerでの視聴が可能となる。また、「TOKIOカケル」(水曜午後11:00)も4月1日の放送分より見逃し配信開始。ジャニーズ事務所の所属タレントが出演する同局のバラエティー番組が見逃し配信を行うのは初めてのこととなる。