女優ガル・ガドットらセレブのコロナを受けたカバーにより、ジョン・レノンの「Imagine」がチャートを再浮上

©ユニバーサル ミュージック合同会社

ジョン・レノンの「Imagine」が、新型コロナウイルスの世界的蔓延の影響でチャートを急上昇している。この1971年の名曲は、2020年3月28日付けのビルボードのホット・ロック・ソングズ・チャートに15位で再登場した。

ジョン・レノンの「Imagine」が、新型コロナウイルスの世界的蔓延の影響でチャートを急上昇している。この1971年の名曲は、2020年3月28日付けのビルボードのホット・ロック・ソングズ・チャートに15位で再登場した。

この曲のチャート再浮上は、イスラエルの女優ガル・ガドット率いる大勢のセレブリティによる「Imagine」のカヴァーがきっかけとなっている。このバージョンでは、ナタリー・ポートマン、ジェイミー・ドーナン、その他多くのスターたちが、それぞれがレノンの楽曲を歌いつないでいる。

この動画には他にも、シーア、ノラ・ジョーンズ、ラビリンス、ジミー・ファロン、ウィル・フェレル、ペドロ・パスカル、ゾーイ・クラヴィッツ、クリス・オダウド、レスリー・オドムJr、エディ・ベンジャミン、アシュレイ・ベンソン、カイア・ガーバー、カーラ・デルヴィーニュ、アニー・ムモロ、マーヤ・ルドルフ、そして1970年代にワンダーウーマン役を演じたリンダ・カーターも登場。このカバーはソーシャルメディア上で「そんなことをしている暇があるなら募金でもしろ」など批判されることもあったが、執筆時点でインスタグラムで880万回も閲覧されている。

ビルボードによると、オリジナルの「Imagine」は3月19日週に、前週比7%増の130万回のストリームを記録したという。ニールセン・ミュージック/MRCデータによると、同期間のダウンロード売上は138%増の1,000ダウンロードとなっている。既報の通り、R.E.M.の「It’s The End Of The World As We Know It (And I Feel Fine)」も新型コロナウイルスの中で新たなチャート活動を経験した名曲の一つだ。

「Imagine」は1971年のアメリカでの初リリースのタイミングで全米3位に到達したが、イギリスでは1975年までシングルとしてリリースされなかった。その後、ジョン・レノンのコンピレーション・アルバム『Shaved Fish』の発売の際にプロモーションされて6位に到達。1980年12月にジョンが悲劇的な死を遂げた後、1981年1月にはイギリスで4週間1位を獲得した。その後、1999年には3位、2012年には18位を記録している。

Written By Paul Sexton