五輪競泳銅・立石諒が「丸くなっていてビックリ」 引退から3年、自身も「すごい勢いでデブった」

©株式会社ジェイ・キャスト

ロンドン五輪競泳銅メダリストで現在解説者の立石諒氏(30)が報道番組にVTR出演したところ、体型の変化に驚く声がインターネット上であがった。

立石諒氏のYouTubeチャンネル動画より

立石氏は2020年3月29日深夜放送の「Going Sports & News」(日本テレビ系)で、新型コロナウイルス感染拡大の影響により1年延期が決まった東京五輪について、競泳選手への影響について解説。現役時代に比べ、ややぽっちゃりとした体つきに注目が集まった。立石氏は自身のYouTubeチャンネルで、自ら体型について語っている。

「え、別人じゃん」「面影無いじゃないか」

VTRに映った立石氏は、顔まわりにどこか、たるみがある印象。椅子に座った状態で収録されたが、腹まわりが映るとやはり肉付きがよく見える。

立石氏は12年ロンドン五輪の競泳200メートル平泳ぎで銅メダルを獲得。隣を泳いだのはアテネ・北京五輪2大会連続2種目金メダルの北島康介氏(37)で、わずか0.06秒差で立石氏が振り切り、健闘を称えあった。

番組では筋肉質な現役時代の映像も流れ、現在の姿とのギャップが顕著に。ツイッター上では、

「立石諒選手太ったよね!?」
「立石諒の見た目が変わり過ぎてて衝撃...」
「丸くなっていてびっくりした」
「えっ立石諒?え、別人じゃん」
「面影無いじゃないかw」

などと驚く声があがることになった。

立石氏は17年に選手を引退。現役選手や引退選手のマネジメント、セカンドキャリア支援を手掛ける企業RT-japanを設立し、代表として活動をはじめた。その後何があったのか。

「見てもらったほうが早いんですけど...」

ヒントは立石氏が20年3月に立ち上げたYouTubeチャンネルの動画で明かされている。18日の投稿では「現役だったら泳ぎ方の解説をしたいけど、そんなにもう泳いだりしない」と水泳からは距離を置いているとし、「引退してすごい勢いでデブった」と体重が8キロ増加したことも暴露。今後、動画では選手時代の筋力トレーニング法を届けたり、視聴者の意見を募ったりしたいとしている。加えて「あとは、やせようと思います」と笑い、現役時の肉体を取り戻す意欲を見せた。

22日の動画では、実際に筋トレ方法を伝授した。冒頭ではその理由として「水泳を引退してから4月で丸々3年が経つんですけど、...見てもらったほうが早いんですけど、まあこうなんですね」として、上着の裾をめくって「肥えた」お腹をパチン。「ご立派!」のテロップをつけていた。

29日の「Going!」では、五輪1年延期の影響で「ピークづくりが難しい。五輪を狙う競泳選手は4年スパンで考えてる」と解説。4年間のモデルケースを「リオ五輪が終わってちょっと休む。(コンディションが)落ちます。(翌年の)世界選手権に向けて頑張る。そのあと一気に落として、持久力練習やトレーニングを積む。3年目の世界選手権で前哨戦をし、世界の動きを確認しながら、五輪でどこまでタイムを持っていけばいいかと考える」と紹介し、「(延期によって)ここでもう1年かけて(コンディションを)上げられるかというと、そんなに簡単じゃない」と選手の負担について語っている。