ギュンドアン、シーズン終了の場合はリバプールの優勝がフェア

©フットボール・トライブ株式会社

写真提供: Gettyimages

マンチェスター・シティのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンは、もしプレミアリーグが新型コロナウイルスの影響で終了した場合、優勝はリバプールがふさわしいと感じているようだ。ドイツメディア『ZDF』のインタビューの様子を30日、『ナショナル』が伝えている。

新型コロナウイルスの影響でプレミアリーグは少なくとも4月30日までの延期が決定。プレミアリーグの終了も噂される中、ギュンドアンはリバプールがトロフィーを掲げるべきかという質問に対して、「それでいいと思う」とコメントした。

イルカイ・ギュンドアン

「(リバプールの優勝で)いいと思う。アスリートとしてフェアでなければならない。いくつかの選択肢があるが、良いシーズンを送ってきたチームにとって、シーズンのキャンセルは良いものではないだろう。

もちろん給与カットも受け止めるよ。けど今のところイングランドではそのような話し合いはないね。おそらくプレミアのチームが他国のチームよりも経済的に強いからじゃないかな。

個人的には給与カットは受け入れるよ。けど、正直に言って、寛大にならないといけないね。そして、それに反対する選手がいるのならば、それも認めなければならないよ。」