入店自粛対象はカラオケやバー

©一般社団法人共同通信社

 小池百合子都知事は記者会見で、入店自粛対象となる接待を伴う飲食店の例として「若者はカラオケやライブハウス、中高年はバーやナイトクラブ」を挙げた。