昭和レトロとラビットスクーターが待つ喫茶店、東武練馬「珈琲屋らびっと」へ町田忍と行く

©株式会社ライトアップ

「珈琲屋らびっと」の由来を知ってるかい?ラビットスクーターさ!

「珈琲屋らびっと」。
入口脇のピンクの電話を横目に、一歩足を踏み入れると、コーヒーの香りと、マスターの趣味が色濃く反映された独特な空間が待っていた。

今を生きるオヤジ世代が学生だったころ、散々お世話になったであろう喫茶店。
残念ながらその数をどんどん減らしている。
今の若者にはGAROの『学生街の喫茶店』みたいな歌は作れないだろう。
『君とよくこの店でタピったものさ』くらいか。
数を減らすいわゆる昭和レトロ純喫茶だが、あるところにはある。今回町田さんが紹介してくれた「珈琲屋らびっと」もそのひとつだ。

「古いバイクを展示している喫茶店があるんだよ」と町田さん。
それが「珈琲屋らびっと」だった。

「珈琲屋らびっと」の店名の由来は、スバルのスクーター「ラビットスクーター」だ。

バイクだけじゃない!センスのいいコレクションとセンスが光る店内

今回の目的地である「珈琲屋らびっと」は、東武東上線・東武練馬駅から歩いて7~8分ほどの場所にある。
町田さんから話に聞いたとおり、マスターはバイクが好きなようで、店頭にはベスパが止まっていた。「珈琲屋らびっと」の名前の由来は、ラビットスクーターだが、ベスパが止まっているあたりがいい。

町田さんの紹介であるから、ラビット一筋ではないんだろうとは思っていたゴル横取材班だが案の定。バイク以外のいろいろなコレクションも期待してしまう。
ではさっそく「珈琲屋らびっと」を進もう。

一歩入って実感。さすがは町田さんのお知り合い。バイクだけで終わるわけがないよねw

ホーロー看板にブリキのおもちゃ、昔懐かしい広告や電化製品などなど…店内には様々なコレクションが所狭しと、しかし乱雑にならないような絶妙なバランスで陳列されていた。
ごちゃごちゃしそうなものだが、らびっとにはそれがない。落ち着く雑然さというか、そんな不思議な感覚に包まれる。

「珈琲屋らびっと」ご自慢の素敵なコレクションをご紹介

もともと車やバイクなどの乗り物が好きだったというマスター。
その他にもブリキやホーロー看板など、様々なものがお好きだったよう。大人になってある程度お金が自由になると、次から次へとこうしたコレクションが増えていったのだとか(笑)。なにか集める人あるあるが聞けた。

では、そんなコレクションを紹介していこう。

喫茶店定番のピンクの電話がある入口周辺。
奥に見える食器棚にはマイセンやロイヤルコペンハーゲンなど、アンティークなカップが飾られている。
その他にもブリキのおもちゃや、ちょっとレトロなランプなど、アンティークな雰囲気にまとめられている。

窓際には、ジュークボックスがドンと鎮座されていた。
もちろん使える。

収蔵された曲は、マスターのセンスによるもの。
実際流してもらったが、やはりジュークボックスの独特の音がいい。

「珈琲屋らびっと」の由来にもなったラビットスクーターはこのジュークボックスの横にあった。現スバル、当時の富士重工業が作った懐かしいスクーターだ。昔のデザインはなんとも言えず秀逸である。

こちらは町田さんもビックリのホーロー看板。
大きな穴が空いてボロボロなのだが…このボロボロさ加減がすごいらしい。

この跡はなんと戦時中の機銃掃射の跡(町田談)。
そもそも戦時中は鉄製品はお上に召し上げられてしまったので、こうした明らかに戦時中のものは貴重なんだとか。

こちらは今も行われている全日本ロードレースの、なんと第一回の広告。
高松宮様が初代総裁となった日本モーターサイクルスポーツ協会の記念すべきイベントである。さすがは乗り物好きのマスター、しれっとすごいものを飾っている。

こちらも乗り物好きにはたまらないコレクション。
エスハチと並び称されるヨタハチことトヨタスポーツ800のブリキ製の模型だ。
ヨタハチモチーフというのもすごいし、この大きさのブリキというのもすごい!なんだか色んな面ですごいコレクションだ。

最後はおいしいコーヒーで…

最後は、喫茶店に来たのだから当然コーヒー!
マスターが腕を振るう自慢のコーヒーをいただくことに。
らびっとでは収蔵するたくさんのカップの中から、お客さんの雰囲気に合うものをマスターが選び、コーヒーを淹れる。

町田さんはブレンドを、ポンちゃんはココア、ITはウインナーコーヒーをそれぞれ注文。
それぞれのカップとともにお楽しみください。

上から町田さんのブレンド、ポンちゃんのココア、ITのウインナーコーヒー。
町田さんのカップはナルミのカップ。通称「将軍」と言われているとはマスターの談。
ポンちゃんはジノリのカップで、ITはイギリスのミントンのカップ。
町田さんはとてもお似合いだが、ほか二人はだいぶ美化してもらっているような………(笑)。

豊かな香りが広がる。
いい雰囲気でいいコーヒーをいただく。
「珈琲屋らびっと」、いい喫茶店だ。
ご厚意で奥様手作りのレアチーズケーキもごちそうになってしまった。
しっとりなめらかなケーキは口にいれるとホロリと溶けてしまう。
チーズの酸味とブルーベリーソースが合うんだな、これが…。
「珈琲屋らびっと」、いい喫茶店だ。

バイク好きの人はマスターとバイク談義も気軽にできるので、ぜひ訪れてみてほしい。
もちろん、単純に純喫茶が好きな人にもオススメだ。
また、東武練馬の街は昔の宿場街ということもあり、元気な商店街も広がっている。
「珈琲屋らびっと」に寄りつつ、東武練馬をブラリ散歩してみるのも面白い。

■珈琲屋らびっと
住 所:東京都板橋区徳丸3丁目13-10
営業時間:11:00~21:00
定休日 :水曜日