そしてワタシは、また銭湯へ(前編)

©株式会社ライトアップ

幼少期から銭湯が

左=筆者・メソポ田宮と、右=「銭湯もりあげた〜い」公式キャラクター・お湯わいてるぞう

自分の人生を振り返ると、要所要所で銭湯の存在があります。
まず幼少期。長崎市の線路沿いの風呂なし長屋で生まれたワタシは、小学校1年ごろまで銭湯通い。(川口町の『松の湯』と浜口町の『大学湯』=どちらももうありません)
二十歳の時に上京。杉並区東高円寺の風呂なしアパートに住み、銭湯通い。(現在も営業している『桜湯』と『大和湯』)
深夜の帰宅時、銭湯へ行けなかった日は、アパートの流しでカラダをよく洗いました。

2年後に葛飾区お花茶屋へ引っ越し。今度は風呂ありアパートでしたが、近所に銭湯が2軒(現在も営業している『美吉湯』と『さつき湯』)あったのでちょくちょく通いました。

上京後は、リクルートで求人広告の営業→やりたかった広告制作の部署へ。
’92年、町田忍さんの著書『銭湯へ行こう』(TOTO出版)と出会い、銭湯の世界の奥深さを初めて 知ります。

銭湯の魅力が詰まった本『銭湯へ行こう』(1992年発行)。出版記念トークイベントにも行きました。

会社案内に銭湯を

リクルートフロムエー社 新卒採用パンフレットの表紙

’93年、フロム・エーの新卒採用パンフレットの制作を任せられた際、北千住の“キング・オブ・銭湯”大黒湯さんで撮影をさせていただきました。
(当時はバブルが弾けた直後の採用。足元をしっかり見て歩ける…それをあえて「いい世だな」と言ってみたのでした)

大黒湯さんの当時のペンキ絵

オマケで同封した入浴剤『フロモ・エー』も作りました

結婚披露を銭湯で

そんなワタシの思い出深いイベントのひとつが、銭湯での「結婚披露宴」。
西小山の弁天湯さん(すでに廃業)の脱衣所を会場にして、会社の仲間&友人向けの結婚披露宴を開催したのでした。
当時の友人が、この脱衣所を借りてジャズダンスのレッスンをしていたのです。脱衣所の男女間の壁がボタンひとつで移動し、広い板張りの空間に。
レンタル料は1時間で1000~2000円くらいだったと記憶しています。

リーズナブルな場所で気軽な披露宴を…と思っていたワタシたちは、開店前の2時間をお借りし、飲食物などすべて持ち込みで日曜のお昼に開催。
入りきれないくらいの仲間が来てくれて、一生の思い出を作らせてもらったのでした。

披露宴開催時に作った告知チラシ。社内結婚でした。

告知チラシの裏面。当時の商店街はこのようなカンジでした

結婚したのは1991(平成3)年、26歳の時でした。
31歳で会社を辞め、フリーランスとなります。
そして、しばらくするとまた銭湯とのご縁はわいてきたのでした。

次回は後編、現在までのワタシと銭湯、「銭湯もりあげた〜い」&公式キャラ・お湯わいてるぞうの誕生などについて書いてみたいと思います。
(後編へ続く)

ゴールデン横丁の仲間たち | メソポ田宮文明(メソポタミヤブンメイ)