ガレッジセール・ゴリ「根拠のない自信は強い」

©株式会社ニッポン放送

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に、お笑い芸人ガレッジセールのゴリが出演。吉本興業に入った経緯について語った。

ニッポン放送「あさナビ」

黒木)今週のゲストはお笑い芸人、ガレッジセールのゴリさんです。高校まで沖縄にいらしたのですよね?

ゴリ)そうですね。

黒木)大学での専攻は映画ということですが。

ゴリ)はい。日大芸術学部の映画学科、演技コースです。僕は役者を目指していたのです。

黒木)それはいつからですか?

ゴリ)受験勉強をして来なかったので、2浪しました。2浪目は東京の下宿でやっていたのですが、大学の目標もないし、寂しいし勉強も伸びないし、辛くてもう帰ろうと思いました。そんなときに下宿の仲間が、「神様に何にでもならせてあげると言われたら、何になりたい?」と聞くのです。映画が好きだし、「インディー・ジョーンズになって、馬に乗りながら悪者をやっつけたり宝を探したり、ヒロインとロマンスがあったりということをやってみたい」と冗談で言ったら、「それなら日芸に行けば?」と言われたのですよ。日芸の存在を知らなかったので、映画学科があると聞いて「大学で映画を学べるの?」と。そのときは役者になろうと思ってはいませんでした。「いいところに入った方が将来的にもいいだろうな」という、単純な考えです。「そこに行って4年間楽しく学べて、卒業の資格が取れるなら」ということで、初めてやる気が出たのです。

黒木)目標ができて。

ゴリ)そうしたら成績が伸びた。楽しそうなので、入りたいから。実際に入ると楽しかったのです。映画の授業だったり、演技の授業でバレエがあったり、日舞の授業があったり、即興演技の授業があったり。

黒木)楽しそうですね。

ゴリ)監督コースの人と一緒に映画を撮るのですが、遊びみたいな感じですよ。僕はもともと人を笑わせるのが好きだったので、人前でコントをやっていたら、「お笑い芸人になればいいのに」と同級生に言われました。さんまさんにしろ、ダウンタウンさんにしろ、お笑いもやればドラマも映画も出る、歌もやる。オールエンターテインメントではないですか。芸人さんになったら、オールエンターテインメントができると。「そうだ」と思って、「だったら沖縄で一緒にバカをやっていた、川田とコンビを組んでやろう」と、スパッと大学を辞めました。「入り方がわからない、どうしよう」と言ったら、雑誌に「渋谷公園通り劇場が4月オープン」と出ていたのですよ。吉本の劇場ができるということで、「入れてください」と直談判しに行きました。

黒木)それで入れたのですか?

ゴリ)入れないです。「NSC」という専門学校があるから、そこに行ってくれと言われました。

黒木)そうなのですか。

ゴリ)どうやって入るのかを聞くと、「1週間前に終わったから、また来年」と。僕らはすでに23歳だったので、24歳からなんて待てないのですよ。渋谷公園通り劇場の壁に「ボランティアスタッフ募集」と書いてあったので、「タダで劇場で働くので、舞台袖から本番中の先輩方の芸を勉強させてください」と言いました。そうしたら「タダで働く奴が来た」と、逆に注目を浴びてしまいました。

黒木)その熱はすごいですね。

ゴリ)舞台袖で見て、それ以外は掃除をしたり呼び込みをしたり、チケットのもぎりや弁当を買って来たり、雑用ですよ。夜中に相方と社員にネタを見てもらって、「おもんない、作り直して来い」と言われて…ということを続けていたら、徐々にネタが面白くなって来て、半年で舞台デビューしました。半年でこれなら新人のイベントに出せると言われて、「珍しい横入りだけれども、吉本所属にしたるわ」ということになりました。僕らは珍しい所属の仕方なのですよ。

黒木)そうですか。

ゴリ)僕は学校のなかでも、いちばん面白い奴だったわけではない。でも、いちばん面白いと言われていた奴は芸人にはならない。案外、根拠のない自信が大事だなと思いました。僕はネタの作り方もよくわかりませんでした。でも「やりたい、こうなりたい」という憧れの気持ちが強かったので、勝手に自分の背中を押して、実力をつけてくれたのではないですかね。悩んでいる人には、よく「根拠のない自信はけっこう強いよ」と言います。体験しましたので。

ニッポン放送「あさナビ」

ガレッジセール・ゴリ/お笑い芸人・俳優・映画監督

■1972年5月22日生まれ。沖縄県那覇市出身。本名は照屋年之。
■沖縄県立首里高等学校卒業。日本大学芸術学部映画学科中退。
■1995年、中学時代の同級生・川田広樹とガレッジセールを結成。吉本興業に所属し、渋谷公園通り劇場などで活躍後、テレビを中心に活躍。『笑っていいとも!』『ワンナイR&R』など数々のバラエティ番組に出演。
■俳優としてもドラマ・映画で活躍し、NHK朝ドラ『ちゅらさん』や映画『忍者ハットリくん THE MOVIE』など数々の作品に出演。
■映画監督としても活動し、2009年には『南の島のフリムン』で監督デビュー。2019年には本名の照屋年之名義で監督を務めた『洗骨』が公開。モスクワ国際映画祭のアウト・オブ・コンペティション部門にも出品された。
■2014年には自らがプロデュースする「おきなわ新喜劇」を旗揚げ。沖縄の劇場をベースに全国ツアーを実施するなど人気を博している。