名誉市民野村克也さん逝去 ありがとう野村克也さん

©株式会社VOTE FOR

京丹後市初の名誉市民で、野球解説者の野村克也さんが2月11日、逝去されました。

■プロ野球選手・監督として活躍
野村さんは、網野町生まれ。峰山高校卒業後、プロ野球の南海ホークスにテスト生として入団。そのたぐいまれな野球センスとたゆまぬ努力で、強打の捕手として戦後初の三冠王に輝きました。引退後も監督として3度の日本一に輝くなど、日本プロ野球界を代表する野球人であり、野村さんの代名詞である「ぼやき」は多くの人の心をつかみました。

■ファンが別れを惜しむ
野村さんの訃報を受け、野村さんから寄贈を受けたトロフィーや写真パネルなどを展示する「野村克也ベースボールギャラリー」には献花台が設置され、市内のみならず全国から多くのファンが訪れ、野村さんの逝去を悼んでいました。(2月11日から1カ月で約5000人のファンが来館)
また、峰山庁舎でも献花台を設置するとともに、市旗を半旗掲揚して追悼。市立図書館には野村さんの著書などを集めたコーナーを設けました。
郷土の誇りとして、市民に夢と希望を与えていただいた野村克也さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

■郷土の誇り 市民に夢と希望を与える
▽野村克也さんと京丹後市
昭和10年:網野町網野に生まれる
昭和23年:網野中学校野球部に入部
昭和26年:峰山高等学校野球部に入部
昭和29年:南海ホークスにテスト生として入団
昭和40年:戦後初の三冠王(本塁打王・打点王・首位打者)に輝く
昭和45年:選手兼任監督に就任
昭和55年:現役引退 野球解説者として活躍
平成元年:
・野球殿堂入り
・ヤクルトスワローズ監督に就任
平成2年:網野町初となる町民栄誉賞を授与
平成10年:阪神タイガース監督に就任
平成17年:東北楽天ゴールデンイーグルス監督に就任

▽現役選手としての主な成績
通算出場試合数:11,970試合(歴代1位)
通算本塁打数:657本(歴代2位)
通算打点数:1,988本(歴代2位)
通算安打数:2,901本(歴代2位)
本塁打王9回、打点王7回、首位打者1回

▽監督としての主な成績
リーグ優勝4回、日本一3回

平成21年:京丹後市市制5周年記念式典にて、本市初となる名誉市民に
平成30年:
・アミティ丹後に「野村克也ベースボールギャラリー」がオープン
・第1回野村克也杯学童野球大会開催