編集後記-Hensyu Koki-

©株式会社VOTE FOR

地域で協力して、子どもたちの居場所をつくる取り組みが行われています。安徳区にある安徳館では、休校期間の3月9日から22日まで小学生の預かりが行われました。主催した諏訪辺俊さんと約20人のボランティアスタッフによって運営され、「生活リズムを整える」「子どもだけにする時間を作らない」などのルールのもと宿題の時間だけでなく、さまざまなプログラムが実施されました。医師や看護師にも協力してもらい感染予防についても徹底されています。諏訪辺さんは「子どもたちが元気に過ごせる場所を作りたいという思いで皆集まった。こんな状況だからこそ、地域で子どもたちを守る動きが広まっていってほしい」と活動への思いを話しました。
(ヤーコンboy)