あの頃はみんなバチバチしてた!?「名ばかりのGT達は道を開ける」2代目 トヨタ セリカ

©オートックワン株式会社

トヨタ セリカ(2台目) リフトバック 2000GT(1979年)

「ツインカムを語らずに、真のGTは語れない」挑戦的な2代目 トヨタ セリカの特徴

1977年、2代目にフルモデルチェンジしたトヨタ セリカは、1600cc 2T-U型 OHV シングルキャブ、1600cc 12T-U型 OHV シングルキャブ、1600cc 2T-GEU型 DOHC EFI、1800cc 3T-U型 OHV シングルキャブ、2000cc 18R-U型 SOHC シングルキャブ、2000cc 18R-GU型 DOHC ツインキャブ計6種類のエンジンバリエーションを展開。ボディは、2ドアクーペと3ドアリフトバック(LB)をラインナップしていた。

日産 スカイライン(5代目) ハードトップ ターボ2000GT-E・S(1980年)

1979年にマイナーチェンジが実施され、フロントグリルの変更や角型4灯ヘッドライトへ変更された時に登場したキャッチコピーが「名ばかりのGT達は、道を開ける」だった。

これは、当時のライバルともいえる存在であった5代目 日産 スカイライン(通称「ジャパン」)が、直列6気筒SOHCエンジン(シングルカムエンジン)を搭載して「GT」を名乗っていたことへの挑戦状であり、広告キャッチコピーを通してライバルを挑発。その後、対抗するように日産もターボを搭載したスカイライン 2000ターボGT-E・Lを発表し、両メーカーのパワー競争が激化していく。

主要スペック

■全長×全幅×全高:4410×1640×1300mm

■エンジン

・1600cc 2T-U型 OHV シングルキャブ

・1600cc 12T-U型 OHV シングルキャブ

・1600cc 2T-GEU型 DOHC EFI

・1800cc 3T-U型 OHV シングルキャブ

・2000cc 18R-U型 SOHC シングルキャブ

・2000cc 18R-GU型 DOHC ツインキャブ

■駆動方式:後輪駆動

■トランスミッション:3速AT/4速MT/5速MT

■ボディタイプ:2ドアクーペ/3ドアリフトバック(LB)

■販売期間:1977年~1981年