津軽三味線 弘前と青森も中止/5月の主要全国大会 3つ全て取りやめ/新型コロナ拡大防止

©株式会社東奥日報社

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため30日までに、5月3、4の両日に開催予定だった津軽三味線世界大会(弘前市)と津軽三味線日本一決定戦(青森市)の中止が決まった。同4、5日に予定されていた津軽三味線全日本金木大会(五所川原市)も既に中止が決まっており、全国から第一線の津軽三味線奏者が集うゴールデンウイーク恒例の三大大会がそろって取りやめとなった。

 世界大会には、これまで個人8部門に252人、団体2部門に13チームが参加を申し込んでいた。出場料は、次年度分として振り替えるか、キャンセルして返金するか選ぶことができる。団体2部門は次年度分への振り替えは行わず、返金のみの対応とする。

 振り替える場合は手続き不要。キャンセルする場合は、4月13日から来年3月15日までに大会ホームページの問い合わせフォーム、ファクス、郵送のいずれかで連絡をする。問い合わせは事務局(電話090-6855-3344)へ。

 日本一決定戦は個人の部に120人、団体の部に3団体が申し込んでおり、出場料は返金する方針。4日夜に行う「津軽文化の夕べ」も中止する。問い合わせは事務局の山谷さん(電話090-7525-6047)へ。