首相、出席閣僚の分散を検討

新型コロナ政府対策本部

©一般社団法人共同通信社

新型コロナウイルス感染症対策本部の会合=28日、首相官邸

 安倍晋三首相は31日の閣僚懇談会で、新型コロナウイルスの感染防止対策として、新型コロナ特措法に基づく政府対策本部会合に出席する閣僚を分散させる方向で検討していると説明した。河野太郎防衛相らが記者会見で明らかにした。

 西村明宏官房副長官は記者会見で「対策本部会合は非常に密接な状況との指摘がある」と強調。集団感染を防ぐ観点から「首相は毎回出席するが、麻生太郎副総理兼財務相は出席しない。閣僚についても適宜、分散した形で開催していくことになる」と述べた。その他の政府の会議でも同様の形式を検討するとした。