りんごちゃん、もしも今バイトするなら…「レジ打ち」

©エンタメプレックス

株式会社リクルートジョブズが運営する、地元の仕事が探せる地域密着型の求人メディア『タウンワーク』は、3月31日(火)よりYouTubeで配信する動画全10種を『タウンワーク』公式YouTubeチャンネルにて一斉公開した。

このたび、りんごちゃん、餅田コシヒカリ、小南光司、ねお、吉田凛音、かの/カノックスター、ミスターヤバタン、はなおでんがん、ガーリィレコードチャンネルといった若い世代から注目を集める個性豊かなキャスト陣が出演し「一人ひとりのアルバイト探しを応援したい」というメッセージを込めたYouTube動画広告を制作。これまでの平野紫耀さ、藤原竜也演じるTV-CM「タウンワーク誰かな?」シリーズ同様に『タウンワーク』の箱を被ったキャストが登場。それぞれキャストに合わせた異なるシチュエーションや世界観の中で「バイトするならタウンワーク」とお馴染みのセリフと共に箱を取っていくユーモラスな動画となっている。

大ブレイクを果たしたりんごちゃんは、撮影時に意識したポイントについて「見ている方に注目していただく為に持ち味である「ギャップ」をふんだんに出しました!ダンスのシーンや歩くシーンはできるだけカッコよく見えるよう意識しています」とコメント。

アルバイトの経験や思い出については「青果店で『リンゴ』ではなく『ブドウ』を色々な所へ配達する仕事をしていました。たくさんの人の笑顔を見れたことや、その時の上司に将来の夢を聞いてもらったことが思い出です。また、掃除好きな自分に合うかなと思いファーストフード店でも働いていました。厨房で掃除をしたり皿を洗ったりパンを焼いたり。イケメン店長に会えるのも毎回楽しみで、店長に注目してもらえるように皿洗いを頑張ったり、わざと大きな声を出したりアピールしながら仕事をしていました(笑)」と語り、もしも今アルバイトするなら「色々なことに興味があるので迷いますが、やはり毎日たくさんの人に出会えるのでスーパーなどのレジ打ちをしたいです!それに、レジ打ちを素早くこなす人ってカッコイイですよね」とりんごちゃん。

りんごちゃんをはじめ、個性豊かなキャスト陣によるお馴染みのセリフ「バイトするならタウンワーク」は、必見!