“ポスト出川哲朗”と囁かれるお笑い芸人が明かす、不思議な芸名の由来

©株式会社ニッポン放送

お笑いコンビ・スタンダップコーギーの奥村うどんが、自身の芸名の由来について語った。

ニッポン放送「高田文夫と松村邦洋と磯山さやかのラジオビバリー昼ズ」に、マセキ芸能社所属のお笑いコンビ・スタンダップコーギーの奥村うどんと三森大輔が出演した。

3人の前で漫才を披露するも、活舌の悪いためか、言いたいことが伝えられない奥村。「すいません。相方何言ってるか分からないと思うんですけど。喋ってるとき浮いてる?」と三森がフォローを入れると、奥村は「浮いてるわけないだろ!」とツッコミを入れた。続けて高田が「いや、お前ちょっと浮いてたよ。こっちから見ても浮いてたな(笑)」と茶化す場面があった。

また、マセキ芸能社所属の先輩芸人・出川哲朗と同じラインと言われることが多い奥村。松村は出川のモノマネをしながら、「俺のラインだから大丈夫だろぉ」と奥村を鼓舞した。

そして、奥村は自身の“変わった”芸名の由来について語った。

高田: なんだよ、うどんって(笑)

奥村: うどんはあの、ちゅるちゅる……

高田: ちゅるちゅるって、うどんは知ってるよ!(笑)

磯山: ハッハッハ(笑)

松村: この世界でこんなに落ち着かない人初めてだよ

奥村: うどんってあの、いろんな種類があって、どんなものにも絡められるじゃないですか、だから……

高田: 絡んでないだろお前

三森: 一切絡まないですよね

芸名の由来を説明するも、理解してもらえない奥村であった。

(ニッポン放送「高田文夫と松村邦洋と磯山さやかのラジオビバリー昼ズ」12月20日放送分より)