ザ・ウィークエンド、今年最大の週間売上を記録し全米1位獲得&3曲の未発表曲リリース

©ユニバーサル ミュージック合同会社

R&Bシンガーのザ・ウィークエンドが、先日リリースした4枚目のニュー・アルバム『アフター・アワーズ』で全米アルバム・チャート(Billboard 200)初登場1位を獲得した。2枚目の『Beauty Behind The Madness』(2015年)、3枚目の『Starboy』(2016年)、そしてEP『My Dear Melancholy,』(2018年)でも全米1位に輝いており、4作連続1位を獲得した。

また、『アフター・アワーズ』は2020年最大の週間売上を記録したたことも明らかとなった。アメリカ国内のみで44万枚相当を売り上げ、42.2万枚相当を売り上げたBTS(防弾少年団)の『MAP OF THE SOUL:7』(2020年)の記録を打ち破った(3/26時点)。さらにウィークエンド自身の記録をも塗り替える結果となり、『アフター・アワーズ』の初週ストリーミング再生回数は全世界で2億2千万回を突破した。

アルバムからの先行シングル「Blinding Lights」は全英シングル・チャート1位を獲得し、リリースから4ヶ月経った今もなおSpotifyのグローバル・チャートで33日間連続1位を記録しており、その人気は加速するばかり。

ウィークエンドは、アルバム発売直後(72時間後)にボーナストラック5曲を収録した『アフター・アワーズ』デラックス版をデジタル・リリースしたが、3月30日に、これに未発表3曲を新たに追加した、全22曲収録の『アフター・アワーズ』超豪華版(オリジナルの14曲、ボーナストラックの5曲、未発表3曲)を完成させた。

新作発表後も新曲のリリースを続けるなど、止まることを知らないザ・ウィークエンドの今後の活躍に期待が高まっている。国内盤CDは4月17日に発売予定だ。

■商品情報

ザ・ウィークエンド 『アフター・アワーズ』

デラックス・エディション(+5曲のボートラ&+3曲の未発表曲)

試聴&購入等はこちら 

ザ・ウィークエンド 『アフター・アワーズ』 (オリジナル)

3月20日発売

※日本盤CDは4月17日(金)発売予定

試聴&購入等はこちら