村田製作所、投資計画を維持

中島次期社長、コロナでも

©一般社団法人共同通信社

インタビューに答える村田製作所の中島規巨次期社長

 村田製作所の社長に6月に就く中島規巨専務執行役員(58)は31日までに共同通信のインタビューに応じ、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により「中国でスマートフォンの需要が相当落ち込み、市場の見通しが下振れしている」との見方を示した。その一方で、2020年度に計画する2千億円台前半の設備投資額は維持する方針を明らかにした。

 第5世代(5G)移動通信システムの商用サービスが国内でも3月に始まるなど、各国で5Gが本格普及していくことを見越して先行投資に動く。村田はスマートフォンなど幅広い用途に使われる電子部品「積層セラミックコンデンサー」が主力。