全日空の一時帰休、6400人で合意

©一般社団法人共同通信社

 全日本空輸は31日、新型コロナウイルス流行による旅客減少を受け、客室乗務員約6400人を対象に一時帰休を導入することで労働組合側と合意した。関係者が明らかにした。