深田恭子、ペットボトル飲用中に話しかけられたくない仰天理由

©株式会社光文社

女優の深田恭子が3月31日放送の『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)で、ドジな一面を明かした。

「そんなに仰天するようなことでもないんですが……」と過度な期待を持たせないよう前置きする深田。

「あまり一度にいろんなことをできないんです」と明かし、実際、こんなことがあったと振り返る。

「ペットボトルの飲み物を飲もうとしているときに、誰かにいきなり話しかけられても手を止められないから、そのまま(手を)ぐわぁーって(上げたままにして)衣装を濡らしてしまうんです」

MCの笑福亭鶴瓶も「それ仰天やで!」と驚愕。深田は「手は止まらなかったですね‥…。衣装の乾かし待ちをしました」と事の顛末を話していた。

深田の天然ぶりは有名だ。

2019年7月11日、『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)に出演した際は、自身の写真集を購入したファンに対し「めくっても私だらけだから、なんだか申し訳ない」と発言。坂上忍から「そうでしょうね、写真集なんだから」と突っ込まれるやり取りがあった。

発言も行動も、ちょっと抜けているところが深キョンの魅力なのだ。