日銀短観、景況感が7年ぶりマイナス

©一般社団法人共同通信社

 日銀が1日発表した3月の企業短期経済観測調査(短観)は、大企業製造業の業況判断指数(DI)が昨年12月の前回調査から8ポイント下落のマイナス8となり、2013年3月以来、7年ぶりにマイナスに転じた。指数の悪化は5四半期連続。