首相「宣言を出す状況ではない」

東京の感染「最悪を想定」

©一般社団法人共同通信社

参院決算委で答弁する安倍首相=1日午前

 安倍晋三首相は1日の参院決算委員会で、新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言を巡り、国会への事前報告の手続きについて問われ「宣言を出すというのは、相当厳しい状況で、スピード感も必要だということも理解いただきたい」と述べた。同時に「今この時点で、宣言を出す状況ではない」とも発言した。感染者が東京都内で爆発的に増えた場合の対応に関し「最悪を想定し、既にさまざまな可能性などについて準備を進めている」と強調した。

 感染の現況については「日本が戦後、経験したことのない国難ともいえる状況だ」と言及。緊急経済対策を来週まとめる方針も示した。