みんなの防災

©株式会社VOTE FOR

融雪期になると、気温の上昇に伴い、さまざまな災害が発生する危険性があります。融雪災害は、通常の災害と違い、天気が良く、暖かい日に危険性が高まります。外出する際には天気予報や周辺の積雪状況などに注意しましょう。

■屋根からの落雪
軒下を歩く場合や家のまわりの除雪を行う際には、屋根からの落雪に注意しましょう。

■河川等の増水
雪解けが進むと河川等の水位が急激に上昇することがあります。気温が高い日は、雪解けが加速するので、注意が必要です。

■雪崩
山間部では、春になっても雪が多く残る場所もあります。山道や雪が残る斜面の近くでは、雪崩の危険があるので注意が必要です。

■土砂災害
雪解け水が地中にしみこむことで、地盤が緩み、土砂崩れ等が発生しやすくなります。