寺でミニ四駆疾走/長福寺(青森県佐井村)に全長100メートル超のコース/副住職「寺に親しんで」

©株式会社東奥日報社

長福寺に設置されたコースの前でミニ四駆を手にする吉田さん

 寺院の中を高速の「ミニ四駆」が駆け抜ける通称「寺四駆」。全長100メートル以上ある専用コースが設置されているのは青森県佐井村の曹洞宗・長福寺だ。副住職の吉田眞永さん(28)が「子どもの頃から寺に親しんでもらいたい」と始め、親子連れを中心に広がりを見せている。

 ミニ四駆は1982年、総合模型メーカーのタミヤ(静岡市)が発売した全長十数センチの自動車模型。80年代と90年代に人気を博した。

 同寺でのミニ四駆は2018年12月、吉田さんが寺を開放した家族向けのイベントの準備をしていた際に、村商工会に眠っていた専用コースを見つけたことがきっかけだ。約20年前、同村で行われ、吉田さんも参加したミニ四駆の大会で使われたものだという。

 吉田さんは「寺に足を運ぶきっかけになればいい」とコースを借り、ミニ四駆の走行体験などを行った。体験は参加者に好評だった。現在は寺でのイベント以外でも、連絡があればコースを開放。吉田さんによると、月に1~2組は初めての人が同寺を訪れており、80年代や90年代にミニ四駆で遊んだ世代が子どもを連れ、一緒に組み立てやレースを楽しんでいる。

 初めての人には寺の中を案内し、お釈迦(しゃか)様に手を合わせるように促すなど、寺の文化に触れながら、安心して遊べる居場所づくりを心掛けている。同寺では座禅体験や写経体験、御朱印帳作り体験も行っており、ミニ四駆を楽しむ前に親子で座禅をしたり、親が写経をしている間に子どもが遊ぶ様子も見られるという。

 吉田さんは「実際に寺の文化を目で見て耳で聞いて親しんでもらいたい、子どもが安心して遊べる場所をつくりたいという思いで始めた。(新型コロナウイルスの感染拡大の影響で)なかなか外に遊びに行けないかもしれないが、落ち着いたらぜひ遊びに来て」と話している。