アメフト宮川選手が富士通に加入

日大の悪質反則問題

©一般社団法人共同通信社

アメリカンフットボールの宮川泰介選手

 アメリカンフットボール日本社会人Xリーグの富士通は1日、悪質反則問題の当事者だった日大出の宮川泰介選手が新加入したと発表した。

 2018年5月に日大と関学大の定期戦で問題が発生。一時は競技を離れた宮川選手は不起訴となった昨年11月に関東大学1部下位リーグで実戦に復帰し、日大の上位リーグ昇格に貢献した。

 富士通は今年の日本選手権、ライスボウルで4連覇を達成した強豪。