高校野球、日大三島で新監督開始

永田氏「すがすがしい日」

©一般社団法人共同通信社

日大三島での指導をスタートした永田裕治新監督=静岡県三島市

 高校野球で報徳学園(兵庫)の選手、監督として甲子園大会で優勝した経験を持ち、昨年は18歳以下のW杯で高校日本代表の指揮を執った永田裕治氏が1日、新監督に就任した日大三島(静岡)での指導をスタートした。あいにくの雨にも「非常にすがすがしい日だった」と新たな船出に実感を込めた。

 この日に初めて選手と顔を合わせ、練習前のミーティングで「甲子園に行きたい」という全員の目標を確認。練習では体幹トレーニングなどを行い、自ら動きを実演するなど初日から熱のこもった指導を見せた。進士凌大朗主将は「甲子園を数多く経験している監督さんなので、ついていこうという思い」と話した。