J1、C大阪の永石選手が感染

コロナ、クラブは活動停止

©一般社団法人共同通信社

C大阪の永石拓海選手

 サッカーJ1のC大阪は1日、GK永石拓海選手(24)が新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陽性反応が出たと発表した。現時点で同選手に発熱、せき、味覚・嗅覚障害などの症状はないという。クラブは10日までの活動停止を決めた。

 C大阪によると、永石選手は3月28日に食欲不振、倦怠感などの症状が出て体温が37.9度まで上がり、自宅待機となった。22日に食事を共にした友人3人のうち1人から、陽性となったとの連絡が29日にあり、31日に検査を受け、4月1日に感染が判明した。

 C大阪は事務所、クラブハウスを6日まで閉鎖し、濃厚接触者の特定や消毒などの対応を取る。