渡辺直美「大切な人たち守るためにも、全世代で協力して」 外出自粛重ねて訴え

©株式会社ジェイ・キャスト

お笑いタレントの渡辺直美さんがインスタグラムストーリーを更新し、新型コロナウイルスの影響で芸能界の仕事の仕方が変わるかもしれないと意見を述べた。また改めて外出自粛を呼び掛けている。

渡辺直美さん(2019年撮影)。タレントとしての意気込みも

「我々エンタメも色んな形で頑張ります」

新型コロナウイルスの蔓延を防ぐため、インスタグラムやYouTubeで外出自粛を呼び掛けている渡辺さん。3月31日にはインスタストーリーを更新し、仕事のため今週ロンドンを訪れるはずだったがコロナウイルスのため中止になったと明かした。

続けて「毎日不安な中仕事をされている人たちが沢山いて、大変だと思います。我々芸能人のお仕事もこれから変わってくるかもね」と心境をつづった。

また「そんな中無駄に飲みに行ったり、遊びに行ったりしてる人がいて...。できれば少しの間止めて頂きたいです」と呼びかけ、「感染者が沢山増えたら医療関係もパンクして、苦しむ人がさらに増えてしまう可能性もあります。みんなの大切な人たちを守るためにも、全世代で協力して気を付けていきたいですね。もちろん家に居すぎるのは退屈だし苦しくて辛いけど、大切な人が苦しんでいる姿を見る方がとてつもなく辛いと思う」と記した。

渡辺さんは3月28日、外出を自粛し自宅で過ごす人たちのためにYouTubeチャンネルで生配信を行っている。配信では自身が滞在していたころのNYの様子を語り、またファンに手洗いうがいを呼び掛けている。この生配信は話題を呼び、4月1日時点で再生回数85万を超えた。

渡辺さんはインスタストーリーの最後で「みんが飽きないように、我々エンタメもいろんな形で頑張ります!」と、お笑いタレントとしての意気込みをみせている。