深田恭子「うまく飲めないの…」本番前に胸元が濡れ、衣装が『ビショビショ』になる事態に

©株式会社ジーンステイト

出典:深田恭子公式Instagram

先月31日に放送された「ザ!世界仰天ニュース」(日本テレビ系列)。

同番組に出演した女優・深田恭子さんが、良くやってしまう失敗を告白。

その失敗せいで、深田さんは本番前にビチョビチョに濡れてしまうことがあるのだとか。

一体、深田さんはどのような失敗をしてしまうのでしょうか。

深田恭子「うまく飲めない……」本番前にビチョビチョに濡れるワケとは?

先月31日夜に放送された「ザ!世界仰天ニュース」(日本テレビ系列)。

この日、放送開始20周年を迎えた同番組、それを記念して豪華な出演者が、顔を揃えました。

その中には、女優・深田恭子さんの姿も。

深田さんらを交えて、放送が進んでいくと、トークのテーマは「一生忘れられない仰天な出来事」という話題に。

すると、話を振られた深田さんは「よくやってしまう失敗なんですけど……」と、忘れられない出来事として、自分の失敗を話し始めました。

元々、何かをしながら、他の作業をする「ながら作業」というものが苦手だという深田さん。

そのためペットボトルで、飲み物を飲んでいる時に話しかけられると、その人に反応することと、手を止めることが同時にできず、飲み物をこぼしてしまうそう。

本番前にその失敗をしてしまうと、胸元がビチョビチョに濡れて、「衣装乾かし待ち」という時間ができてしまうことも明らかにしました。

 

深田恭子、「同時にできない」は発達障害?アスペルガーの可能性も!

ペットボトルで飲み物を飲みながら話しかけられる、飲み物をこぼしてしまう深田恭子さん。

これを聞いた視聴者の中には、「私もできない」と、深田さんと同じことを口にする人が、少なからず存在しました。

さらに、ネット上で調査を行ってみると、「2つ以上の作業が、同時にできず」違和感を覚え、病院にでかけたところ「アスペルガー症候群」と診断された方もいました。

「アスペルガー症候群」は、発達障害の1つ。

他人の言葉が上手く理解できなかったり、相手の気持ちがわからないという症状があります。

2つ以上の動作を同時にできないというのも、アスペルガー症候群の主な症状。

このことから考えると、深田さんはアスペルガー症候群にかかっている疑いが。

発達障害は子供の時に発症し、加齢と共に治っていく病気だと言われています。

しかし、最近は大人になっても病気が治らず、生活に支障が出るという事例も多く報告されているとのこと。

深田さん自身に、生活の支障が出ていないことを願うばかりです。

(文:有馬翔平)