世界経済、上期11%縮小の恐れ 新型コロナで=ブラックロック

©ロイター

[ドバイ 1日 ロイター] - 米資産運用大手ブラックロックのマネジングディレクター、アメール・ビサット氏は1日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界経済が今年上期に11%縮小し、経済生産が6兆ドル失われる可能性があるとの見通しを示した。

同氏はオンラインで行われたパネルディスカッションで、「2008年の経済縮小や、(1918年から始まった)スペイン風邪の際に起きたと推定される縮小より大幅になる」と指摘。

「(1930年代の)世界大恐慌ほど深刻にはならないが、世界的な経済ショックとしては、間違いなく2番目に深刻なものになるだろう」と述べた。

また、控えめな予想でも上期に500万人の雇用が喪失する可能性があり、勤務時間短縮や賃金カットといった状況も考慮すると、状況は一段と深刻との認識を示した。

経済的ショックの大きさ釣り合った政策対応がこれまでに打ち出されているかとの質問に対しては、「政治的には間違いなくノーだ」とした一方、政府や中央銀行が発表した経済対策は肯定的に評価した。

「2─3月に世界各国で発表された財政出動の規模は5兆ドルに上り、これは向こう6カ月程度で投入される」とし、「これに加え、中銀による金利引き下げは65件行われ、20余りの中銀がすでに何らかの形の量的緩和を発表している」と指摘した。

<回復はV字に>

ビサット氏は新型コロナの世界的流行による経済的打撃を自然災害になぞらえ、自然災害の後には通常、「力強い回復」が見られるとした。

ただ新型コロナについては、打撃の終息時期が不透明で、感染再拡大の可能性もあるほか、世界的な問題であることなどから、回復は「それほど強くならない可能性がある」との見方を示した。

それでも、強力な政策対応や繰り延べ需要により、「その後の回復は非常に急速になると確信している」と語った。

その上で「回復はV字のような形になるだろうが、問題は、後退期に失われた経済生産を相殺するほど大きなV字になるかどうかだ。答えはノーだと思う」と述べ、「世界の国内総生産(GDP)の2─3%分は取り戻せないだろう」との見方を示した。

*内容を追加しました。