河野防衛相が山本氏を注意 確認中の情報を投稿 「しまかぜ」衝突巡り

©株式会社神奈川新聞社

イメージ

 海上自衛隊の護衛艦「しまかぜ」が中国漁船と衝突した事故を巡り、河野太郎防衛相(衆院神奈川15区)は、確認途中の情報をツイッターに投稿した山本朋広防衛副大臣(比例南関東)を「公表した内容を超えるもので、不適切」と注意した。菅義偉官房長官(2区)が1日の会見で明らかにした。

 事故は東シナ海で3月30日夜に発生。関係者らによると、山本氏は事故を受けて衝突現場の詳しい位置や状況などをツイッターに投稿した。報告内容を公表資料と誤認したとして自ら削除したが、ネット上には31日午後5時ごろまで投稿が残っていた。投稿内容は機密情報ではないという。

 山本氏は「今回の件を猛省し、今後、一層の情報管理を徹底し、引き続き職責を果たしていく」とコメント。菅氏は「注意を真摯(しんし)に受け止め、職責を全うしてほしい」と述べた。

 山本氏は昨年9月に2度目の防衛副大臣に就任。同月に陸上自衛隊のヘリコプター墜落事故に関する調査結果の説明で佐賀県内を訪問した際、地元の焼き鳥店での食事を「美味しいなぁ~」などとツイッターに投稿し、問題視された経緯がある。