まちのわだい

©株式会社VOTE FOR

■2/16(日)第43回江田島市駅伝大会 雨の中69チームがたすきをつなぐ
わくわくセンター(能美町鹿川)をメイン会場に江田島市駅伝大会が行われ、69チームが参加しました。当日は、雨が降りしきる中のレースとなりましたが、市内7区間・18km(女子5区間・13km)を1本のたすきでつなぎました。■

▽各部門1位
市内男子の部:teamパイロット
一般男子の部:トップギア広島
市内女子の部:能美中学校陸上部・サッカー部
一般女子の部:トップギア広島レディース

■1/30(木)沖まちづくり協議会「圏域まちづくり大学」で活動事例発表
竹原市で「令和元年度圏域まちづくり大学」が開催され、本市のほか、呉市、竹原市、東広島市、大崎上島町のまちづくり団体などが活動を発表しました。
本市からは沖まちづくり協議会が出席し、毎年11月に鹿田公園で開催している「えたじまオリーブミュージアム祭典」を中心に、イベントから地域のつながりの構築を図るまちづくりの取り組みを発表しました。
質疑応答では、子育て世帯へのアプローチ方法について質問があったほか、「沖地域は人口1,200人ほどの小さな地域だが、そのことを悲観せず、小さな地域ならではの強みを生かして、まちづくりに取り組んでいきたい」と、意気込みを語りました。

■2/16(日)2020広島ドリームバレーボール小学生大会 高田ジュニアバレーボールクラブが出場
高田ジュニアバレーボールクラブが、1月26日(日)に行われた「2020広島ドリームバレーボール小学生大会呉地区予選会」で優勝の成績を収め、本戦に出場を果たしました。

■2/25(火)野登呂山森保全の会と1術校が協力 宇根山(野登呂山)山頂周辺を整備
ひろしまの森づくり事業の一環として、「野登呂山森保全の会」が海上自衛隊第1術科学校と協力し、56人で宇根山(野登呂山)山頂周辺の整備を行いました。
山頂では、瀬戸内の多島美が楽しめるほか、県内でも数少ない一等三角点や天測点の石柱がありますので、これからの季節、ハイキングで訪れてみてはいかがでしょうか。

■3/5(木)3月で閉園の中町保育園 中町港に閉園記念オリーブ植樹
中町保育園の園児たちが、中町港前の花壇に閉園記念のオリーブを植樹しました。地域おこし協力隊のオリーブ栽培技術指導員、小山内紘介さんと同協力隊OBの峰尾亮平さんに教えてもらいながら、子どもたちも一生懸命土をかけていました。植えた木は2本で、園児たちの年齢と同じ5年ほど経ったもの。皆さんも、中町港をご利用の際は、ぜひごらんください。

■呉市出身の丸古玲子さん 江田島市の史跡や伝承などをまとめた江田島本を出版
呉市出身で、くれ観光特使のフリーライター丸古玲子さん(東京都在住)が、「江田島本~伝統はだれが作る。伝統、伝承、伝説の島」を出版しました。
丸古さんは、2018年11月に、「呉本」を出版。地元の呉を調べていくうちに、目の前にある江田島のことも知りたいと、執筆を決意。1年弱かけて島内を巡り、海上挺進(ていしん)戦隊慰霊碑や軍艦大淀(おおよど)戦没者之碑、品覚寺(ほんかくじ)の津久茂帖など、関係者から話を聞いた島の言い伝えや、史跡などを訪ねたエピソードを掲載しました。取材中は、新しく知ることに衝撃を受け、伝えていかなければならないという思いも強くなったといいます。
「全部が見どころ。まずは地元の方に読んでもらい、島のことを知ってもらいたい」と話す丸古さん。800部を自費出版し、県内の一部書店や、フウド(沖美町畑)、海上自衛隊第1術科学校内江田島クラブ※(お土産売店)、江田島オリーブファクトリー※(大柿町大君)などで販売中。1,210円。
※新型コロナウイルス感染症などの影響により休業の可能性があります。

市政情報やまちのわだいをfacebookで発信しています。

江田島市公式facebook
HP検索:江田島市フェイスブック