木村拓哉“絵文字付き追悼文”にドン引き…「やらかした感がスゴい」

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

木村拓哉 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

俳優の木村拓哉が3月30日、自身の中国版ツイッター『Weibo』(ウェイボー)を更新。新型コロナウイルスに感染し、29日に亡くなった志村けんさんを偲ぶメッセージを発したのだが、その内容にアンチからは批判の声が上がっている。

あまりにもやりきれない、突然の訃報。日本中に動揺が広がる中、木村はいち早くウェイボーにて、「小さいころから笑わせてもらいました。志村さんのご冥福をお祈りします」と中国語で投稿。悲しみの気持ちを表現したかったのだろう、文末には泣き顔と合掌の二つの絵文字が添えられていたのだが…。

「志村さんは日本のみならずアジア圏で有名、ウェイボーが日本語非対応、という2点を加味するなら、ウェイボーでの中国語投稿は間違いではない。しかし、ネット上では疑問を抱く人が多くいるようですね」(芸能ライター)

 

いつものノリでついやらかした?

実際にネット掲示板などでは、

《キムタク、志村さんのコメントWeiboで出すとか…》
《なんでWeiboで出したんでしょうね。ただ悲しい、冥福を日本人に向けて日本語で伝えてほしかった》
《志村けんさんへ木村拓哉さんの追悼の言葉がWeiboから中国語でって違和感しかない。 モヤモヤする》
《絵文字を入れたのはまずかったんじゃない?》
《中国語で絵文字付きって、ジャニーさんのときのコメント以上にやらかした感がすごい》

などと、ドン引きの声が上がっている。

「タレントの篠田麻里子は30日、『志村けんさん!! たくさんの笑いと幸せをありがとうございました!! ご冥福をお祈りいたします!!』と感嘆符をたっぷり入れた追悼ツイートをしましたが、リプライなどで『元気いっぱいワロタ』『レギュラー番組卒業した程度のようなノリじゃんw』などとツッコミが入れられ、すぐさま削除。後に感嘆符ナシのツイートをし直しています」(ネットメディア編集者)

喪に服すことが志村さんの望みであるかは分からないが、〝一社会人〟としての常識は、芸能人にも持っていてもらいたいものだ。