麻薬阻止へカリブ海に米艦船派遣

コロナ混乱中の監視強化

©一般社団法人共同通信社

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は1日、ホワイトハウスで記者会見し、新型コロナウイルスによる混乱に乗じた麻薬流入を阻止するため、カリブ海周辺に海軍の駆逐艦や偵察機などを派遣し、監視を強化すると発表した。米政府は麻薬を米国に流入させたとして、ベネズエラの反米左翼マドゥロ大統領らを起訴したばかり。

 米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長は「新型コロナを利用して麻薬組織が密輸を試みているとの情報がある」と説明した。エスパー国防長官も「マドゥロ政権のような腐敗した勢力は麻薬販売の収入で権力を維持している」と主張した。