経産省、ミス隠蔽を警視庁に報告

©一般社団法人共同通信社

 経済産業省の職員が関西電力に対する業務改善命令の手続きミスを隠蔽しようとした問題で、経産省が虚偽公文書作成罪に当たる可能性があるとして、警視庁に報告していたことが2日、分かった。