『メルセデス・ベンツEクラス』に、充実装備の“ローレウスエディション”を追加設定

©株式会社サンズ

 メルセデス・ベンツの中核車種として2016年に登場した5代目『Eクラス』に、充実の装備を採用したおなじみの特別仕様車“ローレウスエディション”が登場。E200、E200 4MATIC、E220dアバンギャルドや同オールテレインなど幅広いグレードに設定されると同時に、E300アバンギャルドスポーツにも一部改良が施され、3月31日より受注開始となっている。

 現行『Cクラス』にも設定された“ローレウスエディション”のローレウスとは、2000年にリシュモン社とダイムラー社が共同で設立したローレウス・スポーツ・フォー・グッド財団、ローレウス・ワールド・スポーツ・アカデミー、ローレウス・ワールド・スポーツ・アワードの3つから構成される財団の名。

 年間を通じて最もスポーツに貢献した選手個人、団体を表彰する賞”ローレウス・ワールド・スポーツ・アワード”受賞者には、ルイス・ハミルトン、ミハエル・シューマッハー(F1)や、セリーナ・ウィリアムズ(テニス)、ウサイン・ボルト(陸上)らが名を連ねている。

 その名称を冠した特別仕様車は、前述グレードのセダン、ステーションワゴンの両ボディバリエーションに設定され、スポーティなエクステリアを演出するAMGスタイリングパッケージや、Qi規格対応機種の携帯電話を無線充電するワイヤレスチャージング機能、ヘッドアップディスプレイを標準装備としている。

 さらにオプション設定として、上質で滑らかな肌触りのナッパレザー内装や後席シートヒーター、ブルメスター社と共同開発した高精細なナチュラルサウンドを楽しめるBurmesterサラウンドサウンドシステムなどを含む“エクスクルーシブパッケージ”も用意した。

 またステーションワゴンのみパノラミックスライディングルーフが標準装備となり(セダンはオプション)、全車のセンターコンソールには”Laureus(ローレウス)”のロゴが入るデザインバッチが装着される。

E200系は1.5リッター直列4気筒直噴ターボ(184PS/280Nm)の”M264″に、BSGや48V電気システムを組み合わせた最新ユニットを搭載する
全車のセンターコンソールには”Laureus(ローレウス)”のロゴが入るデザインバッチが装着される

 今回のローレウスエディションでベースモデルになるE200とE200 4MATICには、1.5リッター直列4気筒直噴ターボ(184PS/280Nm)の”M264″に、BSG(ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター)や48V電気システムなど最新技術をドッキングしたパワーパックを搭載する。

 一方のE220dアバンギャルド、E220d 4MATICオールテレインには、194PS/400Nmを発生する2リッター直列4気筒クリーンディーゼルを搭載し、後者には特別仕様車専用デザインのハイグロスブラック19インチマルチツインスポークアルミホイール、インテリアにはブラックアッシュウッド(マット仕様)のトリムとセンターコンソールを設定。さらにワイヤレスチャージング機能とステアリングヒーターを標準装備としている。

 また、カタログモデルとなるE300アバンギャルドスポーツでは、ラジエーターグリルやドアミラーハウジング、ウインドウトリムなどをハイグロスブラック仕様とすることで、さらにスポーティなエクステリアに仕上げられた。

 4月から順次のデリバリーが予定される『Eクラス”ローレウスエディション”』は、売り上げの一部が前述の財団に寄付され、セダンの価格が755万~777万円、ステーションワゴンが810万~831万円、E220d 4MATICオールテレインが912万円に。そしてE300アバンギャルドスポーツが877万~916万円となっている。

E220d 4MATICオールテレインは特別仕様車専用デザインの内外装アイテムを装備する
Qi規格対応機種の携帯電話を無線充電するワイヤレスチャージング機能も全車標準となる

メルセデスコール:0120-190-610
メルセデス・ベンツ日本ウェブサイト:http://www.mercedes-benz.co.jp