薬物検査、今後も実施へ

再発防止にラグビーTL

©一般社団法人共同通信社

ラグビー、トップリーグの太田治チェアマン=2019年12月

 ラグビー、トップリーグ(TL)の太田治チェアマンは2日、選手による薬物事件が続いたことを受けた再発防止の取り組みについて記者会見し、全選手を対象に抜き打ちの薬物検査を今後実施していく考えを明らかにした。チームでも検査を実施することを要請し「陰性の選手のみで(リーグ戦を)実施する環境を整えたい」と述べた。

 日本ラグビー協会は1日、TLの全選手を対象に唾液による違法薬物検査を実施し、検査を受けた692人全員が陰性だったと発表。帰国した外国籍選手や新人選手ら受けられなかった192人も今後の公式戦出場までに検査する方針を示している。