山里亮太、妻・蒼井優にも見せられない「妄想ノート」の中身

©株式会社ジェイ・キャスト

お笑いコンビ・南海キャンディーズが2020年4月1日テレビ番組「TOKIOカケル」に出演し、山里亮太さんが「妄想ノート」の存在について言及した。

山里亮太さん(2019年)。隠しているノートの中身は…

伊調姉妹に「奪い合われる」妄想も...

近年ピンでの活動が目立つ中、久しぶりにコンビそろっての出演となった南海キャンディーズ。番組内で山里さんは、女優の蒼井優さんとの結婚について様々な裏話を語り、出会ったキッカケが相方のしずちゃんこと山崎静代さんであることを改めて説明した。

自身がスタジオMCとして出演しているリアリティー番組「テラスハウス」の大ファンだという蒼井さんの話を聞きつけた山里さんは、裏話をエサにしずちゃんを含めた食事会をセッティング。その後、とんとん拍子で交際が決まったという経緯が語られている。

今では幸せな新婚生活を送っているという山里さんだが、妻にも内緒にしていることが1つあるという。なんでも「色んな女性が自分を奪い合う妄想」をノートに書き込みながらお酒を飲む「ご褒美タイム」が存在しているそうだ。

ノートには酔った状態で書きなぐることもあるので、知らず知らずのうちに元女子レスリング選手の伊調千春さん、伊調馨さん姉妹が自身を取り合うといったストーリーも生まれているとのこと。その他にも女優の新垣結衣さんと箱根に5回行き、彫刻の森美術館で1回喧嘩をしている...といったリアルな妄想を書きつづったノートは、蒼井さんに見つからないよう保管していると明かされた。

山里さんは今のところ見つかっていないと断言しているが、同時に「(本番組の)オンエア時に僕が家を空けているのが一番怖い」と震え上がる様子も見せていた。

放送後、ツイッターには「山ちゃんの妄想ノートw TVで言ってんじゃんw」「奥さんは今そのノートを探しているのだろうか...」など、テレビで言ったからにはそのうち見つかるのではないかと心配するファンの声が多数寄せられている。